2007年6月20日に山下湘南夢クリニックにて、「不妊と鍼灸治療」という演題でお話しさせていただきました。
少しわかりやすく加筆しまとめた形で、講演録として残しておきたいと思います。

ご挨拶、自己紹介

今日は、山下湘南夢クリニックの説明会にてお時間をいただき、ありがとうございます。

山下先生は、新宿にあります不妊治療、高度生殖医療の世界で日本一と言われる新宿加藤レディースクリニック(KLC)で人気のドクターでした。
私の治療院にいらっしゃる患者さんが、ドクターの指名ができない加藤の通院のなか、「山下先生に診察であたるとお話しを聞いてもらえるし、採卵だととてもスムーズ。
あの先生指名で通院できればいいのに」とおっしゃっていました。

先日は私の治療院主催で通院中の患者様を中心に、山下湘南夢クリニックの見学会をもちました。あれよあれよという間に12人も希望の方があつまり、みんなで一緒にわいわいと遠足気分でお邪魔させて頂き、丁寧にクリニックを見学させていただいたうえ、山下先生に直接沢山の質問をさせていただきました。みなさん不妊のクリニックで聞けないことが沢山聞けてよかったと、その後お茶をのみながら、みんなで大いに盛り上がりました。

私は東海大学大磯病院東洋医学科にて3年間、研究研修をさせていただいたり、鍼灸専門治療院の弟子入りしたの日々を過ごし、この神奈川県小田原市の地で開業して13年あまりになります。いまは、毎日鍼灸治療を通じて不妊治療のお手伝いをさせていただいております。とくに、今日お集まりのみなさんのように、IVF-ET(体外受精―胚移植)をなさる方の応援も多くさせて頂いております。

いま、私の治療院に初診でいらっしゃる方の7割以上は35才以上であり、40代の方も2割を超えるのではといったところです。まったくの不妊治療歴のないかたもいらっしゃいますが、IVF-ETを何度も経験済みですという方も多いですね。あちこちの不妊クリニックにて沢山の治療を受けた。だんだん体調も悪くなるのに結果もでていなくて途方に暮れてしまうと言う方も多いです。

初診のお時間が、
 不妊治療に関して病院選びは?
 治療の進め方は?
 いまやっている治療法でいいのでしょうか?

 といった不妊カウンセリングから初診のお時間が始まる方も多いです。

初診のテーマ

初診治療時の大きなテーマは「攻めと底上げの二重作戦」をたてることです。
私は、不妊治療には「攻め」と「底上げ」の二重作戦が大事だと思います。攻めというのは、西洋医学が得意とするもの。IVF-ETなどもたくましい攻めですね。
そして、妊娠には「底上げ」という身体の状態をよくしておくことがとても大切なんです。これが東洋医学の得意とするところです。

この攻めと底上げを上手に生かして妊娠に向かおうということが、私の初診の一番のテーマになるのです。
ですので、「攻め」の方法であ、西洋医学の問題を、治療法、病院選び、治療のタイミングなど具体的にご相談していきます。
そして、「底上げ」の方法は、四診を通してお体の状態を東洋医学的に分析して、「あなたの身体の状態から考えた手入れ、養生方法について」を知ることです。

不妊博士というぐらいに「不妊治療の知識」をお持ちの方はたくさんいらっしゃいます。
でも案外「自分自身はみえない」状態で、何を選択していいのか昏乱している方が多いんです。
そこで、東洋医学の「底上げ」はこの方針、西洋医学の「攻め」の方法はこんな感じ。
不妊の作戦をたてることが初診の目的になっています。

不妊治療に鍼灸は効くのか?

「鍼灸は効くのか?」というご質問を頂くことがあります。

この質問、鍼灸師に聞けば「効きます」と当然にいいますね。
私も同じです。結局目の前で成功体験を見せられるわけですから、「効くなあ」と思わざる終えないんですけどねえ。
でも、私は、鍼灸は効くの? のまえに、不妊治療(身体治療)には何が必要かを考えることが大切だと思います。

つまり不妊治療を考える身体には、どういったことが「必要」なのかを考えることが大切なんですね。
その「必要なこと」に鍼灸がどのような答えをもっているかということが重要です。

また、もう一点考えて頂きたいのですが、不妊治療を考える方は「何がいい」という情報は沢山お持ちだと思うのですよ。
でもね、本当に必要なのは「自分の身体には何がいい?」ということなんだと思います。

鍼灸治療というと、鍼灸という道具立てを使って身体を整えてもらえるもんだと思っている方が多いと思います。でも、私はその鍼灸治療の前には当たり前のように「東洋医学的なお身体のみたて」があり、これが「自分の身体にはなにが必要か」を答えてくれる鍵になります。

つまり、鍼灸という道具立ての前の「四診」がポイントなのです。
四診でお身体を把握するということが東洋医学の醍醐味なんです。

これが
 「あなたの不妊治療には何が必要か?」
の答えにつながっていきます。

鍼灸治療はどこで受けたらいいですか?という質問もよくいただくのですが、この「四診」が出来る治療院をお勧めしますと私はよくお返事しています。(これが案外むずかしいんですけどね)

私と不妊との出会い

私が「不妊」という言葉と初めてであったのは、23年ほど前の自分自身の妊娠出産体験のときです。

マタニティースイミングで出会った妊婦友達(のちにママ友達)が、長らく不妊治療をしていて35才のときに病院の先生が「治療をおしまいにしましょう」といわれたのよなんてお話をしてくださいました。そして彼女はコタツでなきにないたら、ぽこっと妊娠。そして翌年もぽこっと妊娠。20代の私には30代後半の彼女も年子のママで沢山一緒に遊びました。

私は内心「大学病院の先生が治療終了宣言をするほどの状況だったのに、年子がポンポンと生まれるのだから不妊って不思議だなあ」と思っていました。そしていま不妊治療を皆さんにさせて頂く立場になると、このエピソードからいろいろ考えることがあります。大きくは3つのキーワードとして考えてみました。

「三つのキーワード」

それは、(1)ひとつには35才というキーワード。(2)お医者さんがおしまいを宣言してくれたこと。(3)泣きに泣いたらぽこっと妊娠、連続して妊娠ということです。

(1)35才というキーワードは自然妊娠を狙う限界なんだと思います。

いままで一度も妊娠したことがない人の自然妊娠を狙っての人工授精までの治療の限界。

IVF-ETがなかったときは、ここが限界点だったんですね。そしていま私たちにこの限界を超えさせてくれたのがIVF-ET(体外受精―胚移植)ですね。

(2)お医者さんがおしまい宣言をしてくれたこと
IVF-ET(体外受精―胚移植)は大きな朗報ですが、お医者さんからのおしまい宣言がなくなったように思います。ここで悩む方も多いですよね。このお仕舞いの仕方のご相談。実はとても多いです。一緒に一生懸命考えます、考えます。いつも考えています。

(2)-1 決めると言うことの難しさ   
おしまいを決めるのも大変ですが、不妊治療をするのかどうかということも決めるのが難しいです。つまり、妊娠なんて出来れば神様が決めてほしいですよね。この部分の相談も多いです。IVF-ETしようか迷っていると。こんな方の背中を今まで何人ボーンと押したことか。そして皆さん、よかった!とおっしゃってくださいます。

(3)泣いたらぽこ、一人産んだらぽこ
これは、この方の妊娠がいかにストレス状態によって身体が妊娠するための一連のシステムをスムーズに動かすことができずに阻まれていたのかという事実を物語っています。このあたり、鍼灸の得意とするところなんですよ。おいおいお話をしていきましょうね。

不妊治療に鍼灸が力を発揮する大きなポイント(ストレス状態の緩和と土台作り)

ストレス状態の緩和
先ほどのエピソードどうり、身体のストレス状態は不妊につながります。これをぱんっと払うには鍼灸はとても力があります。
身体が軽くなったりさっぱりする感じを治療後にもつ方がおおくいらっしゃいますが、これはストレス状態が解かれたということにつながっています。

この方はいままで「妊娠に向かって頑張る努力」でたくさん頑張ってきて、精神的にもおいつめられていたのだろうなあと思います。
それが「ダメなんだ」と泣きはらすことでこのストレス状態がぱあっと取り去られたのだと思います。

「身体のストレス状態を取り除く」方法には、いろいろなアイディアがあります。
鍼灸は治療院にお任せでいいので気楽な方法ですね。
この方のように、泣きはらすのも有効な場合もありますが、かえって疲れて土台の力をそこなうこともあるので要注意。

また、楽しい身体がほっとしてさっぱりするようなセックスも、実は身体のストレス状態を取り除くよいものです。
妊娠は、セックスするから妊娠するのですけど、セックスそのものも、身体のストレス状態を取り除くよい効果があるんですよね。
ぜひ、楽しくやってくださいね。

それから、不妊不妊、治療、治療と考えるのもストレス状態を作りますから、あまり煮詰まらず「できることはした」と思ったら、頑固な思いは手放してみるのもいいと思います。

土台作り

そして、もうひとつは、身体の土台の力作りです。子宮も卵巣も骨盤内にあります。
臍下丹田という言葉がありますが、まさに女性にとっての臍下丹田にあるのが子宮卵巣です。
この力をつけていくのが、生命力をアップさせるという身体の土台の力をつけることにつながりますし、が不妊につながる、土台の力のなさが不妊につながる。

鍼灸は土台である臍下丹田や腰、骨盤に体表から直接アプローチできます。
つまり身体の中にマーキングをして身体に「ここが中心だよ」と教えることができるんですよね。

とくに、この土台作りはご自宅でもしていただくことが出来ます。あとでお教えしましょう。

ストレスの発散と、土台の力の関係

土台の力のないところで、発散をするとより土台の力が負ける。
すると不妊につながるという悪循環があります。
これは、不妊治療をなさっている方を拝見していると、よく遭遇することです。

ストレス解消したいのです!!とおっしゃり、ぱあっと遊ぶ。
遊ぶのはいいのですが、ストレス発散以上に疲労困憊なんですよね。
気分は楽しいからそのときはがんばっちゃう。でも、翌日はぐったり。
これでは、ストレス解消よりも、土台の力を失ったことの方が大きくなってしまいます。

東洋医学で考える妊娠

東洋医学で考える身体の臓腑

五臓六腑という言葉を聞いた事がありますか。
東洋医学では、五藏(肝、心、脾、肺、腎)という中心になる臓と、六腑(胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦)という腑でからだ全体が構成されていると考えています。

よく、東洋医学は自然の力を利用してといいますが、私はもう少し踏み込んで考えて頂きたいと思っています。
東洋医学も医学です。

たんに「不妊によい」という治療があるのではなくて、
「あなたの不妊の状態にはこの治療がいい」ということがあるのです。

不妊と言えば当帰芍薬散ではなくて、
あなたの不妊には当帰芍薬散、
あなたの不妊には補中益気湯

というように、まずあなたの身体をしることが、東洋医学で始める第一歩です。

『妊娠に致る一連のシステムがスムーズにおこる』ことが一番大切
妊娠というのは、非常に沢山のステップが積み重なり、その上に成立するものです。

一番難しい卵と精子の出会いを応援してもらう体外受精ですね。
その応援の力を借りながら、この一連のシステムをスムーズにおこるように考えていきましょう。
このシステムを一番下支えするのが先ほどお話しした土台の力(腎気)の部分です。
土台の力に支えられて、暢びやかな心身が精子と卵子の出会い受け止め、働き、動くことで受精卵となります。
その後数日をかけて受精卵が大きくなり、開かれた母体との出会いである着床となります。

不妊でお悩みの方は、何が悪い?どこが悪い?という発想になりがちですが、この巧妙なシステムがスムーズにおこることもとても大切な要素となります。
取り立てて問題となるような原因がないと病院で言われた方の場合、このシステムに何らかの不調がでスムーズに発動していないのではと私は考えています。

とくに、IVF-ETしても上手く着床しないというときには、卵ちゃん自体の生命力も大きく関与するのは当然ですが、母体の腎気の弱さ、気の欝滞との関連が大きく考えられます。
本来、リラックスして大きく開かれ受け止められるべき存在である母体が、緊張や腎気(生命力)の不足により、固く閉ざされていることと関連が強いのです。
排卵を促すホルモン治療を受けて、沢山の排卵が確認されている。

精子の状態もよい。
ましてや体外受精でよい卵も戻している。

そんなときに妊娠が成立しないときは、一番考えて欲しいポイントがここです。
ひとつひとつが悪いのではなく、全体のシステムがスムーズに動いていないのです。

全体のシステムがスムーズに動くようにしてあげる必要があるわけです。
これには、土台の力をつけること、身体のストレス状態を取り除くことです。
私が冒頭であげたかたが、泣きはらしたことで妊娠されたのは、この身体のストレス状態が取り除かれたんだなあと思っています。

東洋医学で考える統一的観点がいきるところでもあります。

ご自身で出来るからだ作り

不妊対策の身体作りには、身体の土台の力をつけることを目標にしていきます。
身体の土台の力が充実することで、暢びやかな心身がはぐくまれます。
この健やかな心身ではぐくまれた精子と卵子があわさることでひとつの新しい生命ができます。

そして、土台がしっかりとした母体は、新しい卵を自らを開き、優しく受け入れることで一体となるわけです。
土台の力である腎気が充実した母体にはぐくまれ十月十日の年月をすごし、実った果実が蒂から落ちるように出産の日を迎えます。

妊娠だけがゴールじゃないんですよね。
受け止めた新しい命を誕生まで自分のお腹で育てるのが妊娠です。

しっかりと身体作りをしてくださいね。

妊娠、出産にむけてご自身で出来る身体作りをご紹介

身体作りの中心課題は、『生命力を養う』ことです。
からだの『生命力を養う』には、ふたつのポイントがあります。

それは東洋医学的に説明しますと、

腎気という土台の力を養うこと
脾気という胃腸の力を養うこと

この二つになります。この二つを養うための方法を考えていきましょう。

大切なのは、よく眠ること、充分歩くことなどです。

また、間食をやめ、発散(ストレス解消)などは自分の土台の力とよく相談して行うことも大事です。

お灸をしましょう

お灸は手軽な健康法です。先ほど申し上げた身体の土台の力をつけたり、胃腸の力をつけたりするには最適です。是非習慣にしてください。

お灸は、出来れば鍼灸院で、あなたにあったお灸のポイントを発見してもらいましょう。
ここでは、どなたでも使って頂ける基本的な身体を養うツボをご紹介しておきますね。

とくに、体外受精の周期に入った方はこれらのツボはお勧めです。
また、卵を戻した後は、手足など末端の経穴はお休みにして骨盤の次髎などの経穴にお灸をしてください。

身体作りには、東洋医学的診立てが必要です

情報を整理しましょう

不妊でお悩みの方の御相談に乗ると、

『なにがなんだかわからない』
『優先順位をどう考えればいいのか迷う』
『なにをすればいいのかわからない』
『精神的な不安感で辛い』
『治療が進むほど、結果が出ないのに、体調だけが悪化する』
『年齢がどんどんすすむのが恐い』
『妊娠できないかもと思うと、次の治療が恐くて受けられない』

などといった、悩みが噴出してきます。

一番大事なのは、今のあなた自身の情報を整理することです。
情報には、ご夫婦のお身体の問題について、西洋医学的な側面と、東洋医学的な側面の情報があります。

身体作りで大切なのは、東洋医学的な情報です。
それは、目先の症状について考えるのではなく、あなたの人生を応援するのどのような方向性の身体作りなのか?といった観点で考えていくことが重要だと思います。

時間を大切にして、しっかりと「不妊!大作戦」をたててください。

そしてあなたの人生を応援できるような方針でお身体作りをしていってください。
それは決して、不妊に効くといわれるツボにお灸をしたり鍼をしたりすることをさしているのではないのです。
東洋医学で命をみるということは、流れの中の生命を応援していくことだと私は思っています。

最後に

私のHPに、「赤ちゃんと出会うための14年の旅」というというご本人と一緒に書かせていただいたエピソードがあります。

この方、20代前半から妊娠したいと病院選びされ、30代からIVF-ET。
このときには、卵管に戻すIVF-ETとか、着床によいとされる子宮内膜掻爬、沢山の薬剤を使っての誘発をおこなっていました。
35歳の時に、休憩だということでうちの治療院にいらっしゃいました。

少し休憩して私の治療院でお身体作りをされる時間をとったのち、その方は「じゃあ行ってみるか」とKLCに行かれました。
一回目は受精せず。
そして2回目の採卵で胚盤胞が3つ凍結。
ものすごく喜んでいらっしゃいましたが、全部ダメ。

ここでご本人から「やめる宣言」が出ました。
私も、それまでの長い長い不妊治療歴を存じておりましたから、やはり無理なのかと思いました。
そして、それから2ヶ月後klcの待合室から「やっぱり始めた、鍼灸の予約を」というメールが入り、鍼灸治療とIVF-ETを平行して進みました。

そして、このとき、この方にとっては初めて「あまり良くない卵」「胚盤胞でも小さい」などの状況でご本人は「もうどうせダメ」という状況でした。
それなのに、いままで戻したどんな卵よりも条件が悪かった卵なのに、無事に着床、妊娠。そしてご出産となりました。

それまでの、16回に渡るIVF-ETでほとんどかすりもせずの状況から一点、妊娠、出産へといたるみちになったのです。
元気な赤ちゃんをご出産され、いたずら坊やを私にもみせに来てくださいました。うれしい限りです。

不妊治療をしていると、「よい卵、グレードの高い受精卵」を目指すことにはなります。
それが妊娠への道にもつながりますものね。
でも、私は「運命の卵」と出会うことが一番なんだなとこの方の妊娠を通じて強く思いました。

良い卵は確かに、運命の卵である可能性は高いのでしょう。
グレードの高い卵ですんなり妊娠、出産された方も沢山存じ上げています。
でも、困難な状況の中、運命の卵と出会い、ご出産された方の背中も沢山みてきました。
あなたにとっての、運命の卵との出会いをお祈りしています。

初出:ビッグママ治療室 2007年6月20日 山下湘南夢クリニック「不妊と鍼灸治療」講演記録