妊娠に致る一連のシステム

システムの不調に弱い西洋医学

西洋医学的な不妊治療は、いままでお話しさせていただいたように、段階に応じてステップアップし、治療を比較的負担が小さいものから、負担が大きいものへと進んでいきます。

ただ、ここで妊娠を考えるときに一番大事なのは、先ほどご説明した『一連のシステムがスムーズに動くこと』なのです。

一連のステップアップでも、このシステムがスムーズにおこらなければ妊娠に致りません。

この一連のシステムがとても大事なのです。

排卵はある、
精子はいる
受精障害もない
着床に適する内膜もある。

それなのに妊娠しないという場合、一連のシステムがスムーズに作動していない可能性が考えられます。このシステムをスムーズにおこす力を応援することが、東洋医学の得意とするところです。

身体の中でおこることを応援する一般不妊治療は特にこの一連のシステムに対してのアプローチが弱いですね。

また、一連のシステムの中で、卵管采が卵をキャッチするというところは、故障の発生しやすいところです。キャッチアップ障害というのは、卵子と精子が物理的に出会うことが出てきていないという状態です。

IVF-ET(体外受精ー胚移植)は、一連のシステムの中で一番故障の多い、卵管采が卵をキャッチすることを『身体の外』でおこなってくれる治療です。

そしてIVF-ET(体外受精ー胚移植)をおこなっても、身体の中でストレス状態が強いと妊娠にいたる一連のシステムがスムーズにおこらなくなるのです。

何度もIVF-ET(体外受精ー胚移植)を挑戦したのちに、すうっと自然妊娠される方がいらっしゃいます。システムで一番の障害になるところを乗り越えたはずの体外ですら、他のシステム異常を救うことが出来ないのです。

『絶対、妊娠しません!』


ときに、絶対に妊娠しませんとおっしゃって来院される方がいらっしゃいます。

いままでご説明させていただいたようなステップアップをしてきたかた。

また、西洋医学的な検査で決定的な不調を言い渡された方です。

具体例

☆卵管造影を3回やってダメでしたーIVF-ETしかありません。  
☆充分な回数の、タイミング、人工授精をやりました、自然妊娠するはずがありません。

本当にそうですよねえ。ここで、すんなり自然妊娠するぐらいならば、苦労はありませんよねえと私はいつも思います。

この『絶対に妊娠しません』と仰る方が、それまで何回、生理の度に涙を流してきたのかよくわかります。

もう、そんなことぐらいでは心はビクともしませんよ!っていう叫びのような気がします。

ですので、確かにここはいったん『絶対妊娠するはずないし、自然妊娠なんてしないから狙うのはよしましょう』ということにしましょう。

そして、IVF-ET(体外受精ー胚移植)などのステップアップに向けて、きらーくお気楽に身体の手入れをしましょう。

身体の手入れってね、鼻息粗く『頑張るぞ-』とするものではないのですよ。
気楽に、さりげなく、自分でもなんでやってんだか忘れるぐらいに気楽に。
それでいて、やらなければいけないことは淡々と。

半年の後に、やっぱりおっしゃるとおり妊娠しなかったらステップアップしましょうね。

でも、ときに、あれあれ?生理がありませんなんてこともあるんですよ。
本当なんですよ、私もいつもびっくりします。貴方にもおこるかもしれませんね。
ちょっぴり、ちょっぴり期待しましょうね。

2009年 徳島講演『不妊!大作戦』—攻めと底上げの二重作戦—
西洋医学では救えないシステムの不調
西洋医学で救えないシステムの不調症例
いままで、西洋医学での不妊治療、ステップアップのお話しをさせていただきました。

確かに、このステップアップの段階で妊娠される方も多いと思います。
しかしながら、妊娠には、『一連のシステムがスムーズにおこる』ことがとても大切で、そのシステムが動かなかったために上手くいかない不妊もたくさんあるんです。

つまり、力強い西洋医学だけでは動かしがたい不妊です。
これが東洋医学の手助けする一番のポイントとなるんです。

さて、症例でお話ししていきましょう。

症例 グレードの高い胚盤胞を戻しても妊娠しません

現況 34才女性
28才 結婚
29才 妊娠をのぞむ
30才 自分たちでタイミング(1年間)
31才 病院でタイミング(1年間)
32才 AIH 16回
33才 
34才 ICSI 4個採卵

(1)1個 初期新鮮胚ET→×→化学流産→体調↓
(2)凍結胚盤胞ET→×
(3)凍結胚盤胞ET→×
(4)凍結胚盤胞ET→×

この流れは、先ほどの西洋医学的なステップアップの流れに沿って、間違いのないところだと思います。

そしてドクターからは「なんでこのホルモン値で、こんなにグレードの高い胚盤胞移植をして妊娠しないのかわからない」

つまりこれは、西洋医学的にはなんら問題がないけれど、妊娠にいたる一連のシステムが動いていない不妊であるということがいえます。

注意!! 結婚してから1年の避妊。これが一番危険。ハネムーンベイビーという言葉。
セックスが盛んなとき、盛り上がりのあるとき。ホルモンもよく出て、妊娠しやすい。

月1セックスでは難しくても、検査薬がでて3日連続で妊娠することがある。
これはハネムーンカップルには可能でも、長年連れ添ったカップルだと難しい。

症例 グレードの高い胚盤胞を戻しても妊娠しません
この症例の弁証論治は「4年のAIHやICSIを経ての自然妊娠」をご覧下さい。

全身のストレス状態

左の図が健やかな木です。

肥沃な大地にしっかりと根をはっていますが、天空に生い茂る木は枝葉が密集しすぎていて、全体のバランスが悪く、涼やかな風も、降り注ぐ光も隅々まで届くことが出来ません。ぎゅーぎゅーに詰まって渋滞中です。

このストレス状態は、全身の気血の巡りを悪くします。妊娠は、頭からの指令が卵巣に届き、ホルモンによって、子宮の変化へとつながります。そして健やかで暢びやかな身体は、卵管采がすうっと動いて卵をキャッチし、精子と卵子を出会わせてくれます。この一連のシステムがスムーズに動くことが妊娠においてはとても大切です。


システムの不調

不妊

ストレス状態は、妊娠にいたる一連のシステムの流れを滞らせ、不妊状態をつくるのです。

提言

身体のストレス状態を取り除く→このまま西洋医学的治療を続けても同じ

身体の強いストレス状態が続いていることが、妊娠を阻んでいると考えられます。
この状態のままではどんなによい胚盤胞を戻しても妊娠出来ないという状態はかわりません。
同じことの繰り返しとなる西洋医学的な治療を繰り返しても同じ結果となってしまう可能性が高い状態です。

流産後に体調が落ちた状態から戻す

流産をすることで、体調が一段落ちています。流産前の状態まで戻すことがまず大事です。

体重upとBMI値up(18.7→20目標)

体重は多すぎても、低すぎてもダメです。BMIで19は最低でも欲しいところです。
体重を増やすと言うことは難しいことですが、気をつけてみて下さいね。

また、自己イメージとして、今の状態でも『太っている』とお考えのようですが、少し認識を改めてみることも必要です。