笑顔左

不妊治療の道は、おおきく分けて二つ
「攻め」と「底上げ」です。

“自然妊娠”をと願うことは、赤ちゃんが欲しいと願うご夫婦には当たり前のことです。
この”自然”にどの程度医療介入をおこなうのかは、様々な意見はあることでしょう。
私もなるべく自然にと思います。

そして高度生殖医療であっても、やはり”自然”という流れにあると思います。
ご夫婦の身体をこうのとりが早くやってきてくれますように一緒に、立てる作戦が ”妊娠に向かう「攻めと底上げの二重作戦」”です。

不妊治療の道は、おおきく分けて二つ
「攻め」と「底上げ」です。

「底上げ」身体を養うことにより、妊娠へ致る道です。
これは東洋医学が得意とする分野です。

「攻め」薬剤や技術的な力をかり妊娠へと向かう道です。
これは西洋医学が得意な道です。

妊娠に向かう道は1度迷い道に入り込むと、”何も問題がない”とされるようなカップルでも混迷を極めます。
何度も体外受精に挑戦したけどなかなか妊娠出来ないということもよくあります。
そういったときに、「攻め」だけで押し進めていまわずに、一歩引きご自身の問題点を考え、作戦をたてることがとても大切です。

・薬があわない
・不妊治療に疲れてしまった
・ネットの情報、何を信じていいのかわからない
・成功率が高いと言われることは沢山試した
・体外受精を何度もしているのに妊娠できない

多くの方のお声です。
ご自身ではなかなか自分自身のことは見えません。

ぜひ一緒に”作戦”を考え、赤ちゃんと出会えるよう前に進んでいきましょう。
時間はとても大きな要因です。
時間の節約のためにも、「攻めと底上げの二重作戦」でいきましょう。

「攻め」の力を頼りにしよう!

体外受精というだけで、なにかおどろおどろしい響きを感じ、尻込みしてしまう方がいらっしゃいます。
しかしながら、よく考えると、自然でおこなわれている卵子の”キャッチ”を助けてくれて、受精の出会いを作り子宮に戻してあげているだけです。

なにか特別なことをしてくれているわけではありません。
キャッチが出来ず出会いが不足している男女の背中をちょっと押してあげているだけです。

出会いのチャンスをあげるために、薬の力で多めに排卵させたり、受精卵が出来るお手伝いをしたり、凍結という不妊に一番の問題となる「時間」に対する助っ人にもなります。

第一子のときに少し余剰胚をつくっておき、第二子の妊娠に使えば”若いときの受精卵”を使えるわけです。

本当に妊娠に対して頼もしい存在です。

「底上げ」の大切さ

妊娠は、赤ちゃんの卵をふんわりと受け止め成長させていく場所が必要です。
これが子宮(女子胞)の力です。
ここにはご自身の生命力がとても大切です。
女子胞力をあげていくことこそ、妊娠し丈夫な赤ちゃんを無事に出産なさるコツです。

「攻めと底上げの二重作戦」が不妊治療には力を発揮!

不妊治療の悪循環:

”””””””””””””””””””

「攻め」である西洋医学的な手法は、力強さゆえに身体にも大きな負担をかけル場合があります。不妊治療を続けることでの体調悪化を訴える人がおおくいらっしゃいます。
そして身体の状態が悪いと、薬剤への反応が悪くなります。
反応が悪いので薬を沢山使うという悪循環。

この悪循環で、身体の生命力が、『妊娠に致る一連のシステムがスムーズにおこる』ことができず、妊娠が遠のいてしまうことがよくあります。

「底上げ」が助ける悪循環

””””””””””””””””””””””””””

「底上げ」の東洋医学的な治療は、この悪循環を断ち切ることができます。
そしてより「攻め」の治療が効くように不妊治療を押し進めていきます。

「攻め」の西洋医学的な不妊治療だけでも妊娠できる方も大勢いらっしゃるでしょう。
「底上げ」の東洋医学的な治療も妊娠を手助けします。
ただし、多くの難治性不妊にはどちらか片方だけでは前に進めないこともおおくあるのです。
この両者の力をかりることで、より強力な妊娠への応援となります。

「底上げ」によって生命力があがり体調がよくなったことで、FSHが改善したり、採卵できる数が増えたり、薬剤の量が減ったりということはよくみかけます。

説明左。

「攻めと底上げの二重作戦」で行きましょう。
私がバックアップします!