患者相談

34歳です。
30歳の時に病院で子宮内膜症、ポリープと言われ手術をして除去しました。
その後、月経前症候群(PMS)に悩まされるようになりました。

病院ではとりたてての問題は指摘されず、人工授精を3回しています。
自分としては、冷え性が特に気になり、そのせいで妊娠出来ないのではないかと思っています。

冷え性と一緒に便秘、身体のだるさ、朝が起きにくいなどの症状もでていて、体調が全般に悪いなあと思う日が多いです。
どうしたらいいでしょうか?

右にいて説明

状況:
1年病院受診、人工授精も3回おこなう。とりたてて器質的な問題はないと言われている。
冷え性が辛く、クーラーなどによっても体調が崩れる。
月経前症候群もだんだん悪化している。

私の診立てと不妊治療

身体が底冷えし、月経前症候群や一連の体調不良の原因となっています。
半年程度はカラダ作りに専念するということで治療をすすめる。年齢要因もあるので、35歳をめどに体外受精にステップアップすることを
考えておく。

経過

週に1度のハリ灸治療+自宅施灸12診 ごろ 肌の艶がよくなってきた。
20診 基礎体温が全体があがり、高温期もしっかりとしてきた。
半年ほどで不妊治療ステップアップ、体外受精に挑戦。
無事に妊娠、出産。

笑顔左

半年ほどで、35歳の時におこなった体外受精によってスムーズに妊娠、無事に出産。

説明右


冷えは、不妊を気にする人にとっては非常に大きな問題です。
この症例では、単なる冷えから一歩進んでしまい、身体に冷えの入り込みとなり
月経前症候群を悪化させたり、便秘や体調の不良となっていました。

また、年齢的に35歳が近く、カラダ作りだけであまり時間を使ってしまうのも不妊治療そのものを進める上ではリスキーです。

説明左。

ただ体調不良の中を押して体外受精をしても、結局上手く行かないケースも多々経験しております。
体外受精も視野に入れ、年齢要因を踏まえてカラダ作りを急ぎ、全体を見通しながら選択することが大切かと思います。