不育症というのは、診断が付かないケースも多いような気がします。
今回の症例も、40才までに、5週、10週、16週と3回にわたり、死産流産を繰り返していらっしゃります。
結果として鍼灸を開始してからも2回流産があり5回の流産の経験ののちに出産となっています。
鍼灸でカラダを調整し流産を手術無しでリセットできたことは子宮内膜を痛めないためには良い方法だと思います。
41歳自然妊娠でした。

患者相談

40歳です、いままでに5週、10週、16週と死産流産を繰り返しています。
三週間前に妊娠16週で死産してしまいました。

なぜ流産を繰り返してしまうのでしょうか。
どうしたらいいのでしょうか?

  • 30代後半
  • 仕事でトイレを我慢するため膀胱炎を繰り返す
  • 体調が悪かったときに腎盂腎炎
  • 残尿感
  • 腰痛
  • 38歳5週で流産
  • 39歳10週で流産手術
  • 40歳16週死産手術
  • 不育症の検査を受けるもグレーゾーンであり決定要因ではないとクリニックで言われる

なかなか難しく大変な状況だと思いました。
お身体を東洋医学的な観点から拝見すると、生命の土台の力(腎気)が不足しているために女子胞(子宮)を養うことが出来なくなっている状態でした。
少しずつカラダ作りをしていくことによって、40代でも自然妊娠が3回あり、そのうちの1回で出産ということになります。

【ビッグママ治療室の鍼灸治療】

  • 冷えの入り込み(風邪の内陥)を取り去ること
  • 子宮を温め養いしっかりと胎を育む力をつけていく
  • 不育症の検査を受けるようにアドバイス

6ヶ月後再度自然妊娠ー流産(自然に排出)
42歳 年齢要因的にも体外受精を視野に入れ、婦人科にて説明を受ける。
体外受精を考える中、自然妊娠無事に経過。
43歳にて無事に3000㌘オーバーのベビちゃんを出産

流産は、本当に辛い出来事だと思います。
待ち望んだ妊娠で、ほっとしたのもつかの間の出来事、なんとも言葉がありません。
流産を上手にリセットで乗り切れる様に成り、6回目の妊娠で無事に出産へとたどり着くことができました。
43才でしたね。

年齢要因的に非常に難しい局面に入ってしまっていたので、私の方が焦っていた様な気がします。
42才になったときに、体外受精もありなのかと考えがよぎりました。

体外受精で採卵し、凍結胚を残すことで、年齢的に若い卵での挑戦が可能になるからです(流産がからむと妊娠に挑戦できない期間が必然的に生じ、年齢要因に重荷になります)しかしながら、やはり結局、自然妊娠され、無事に出産に致りました。

40代からの妊娠は少し時間はかかりました。

笑顔左

出産も出血が多く大変で、大きめの病院を選んでおいてよかったと思います。
出産後、患者さんからメールを頂いたときに思わず涙が出てきてしまいました。
たどり着いて本当によかった。ご本人からのメール、彼女らしいなあと気持ちがほっこりしました。

『産む前は、もし危険な状態になって、母子どちらか選ぶ時は
子供を選んで!って、主人には言ってあったのですが、
いざ子供を無事に産んだら、
絶対死ぬもんか!って思いました(^_^)v』