不妊を考えるときに問題整理が大事です。

  1、ご夫婦のお体の問題(ご自身のカラダを知る)
  2、現在の状況の把握
  3、広く生殖医療の現状と、ご自身が取りうる治療方法の選択

この三つのうち、1のご自身のカラダを知ることが一番やりにくい問題です。
しかしながらここを知らないと、『不妊によい』といわれるものの足し算治療になるのです。

東洋医学的な四診には、治療者側の感覚で見ていく部分がたくさんあります。
脉をみる、経穴をみる、冷えや熱を小さな部分から、大きな範囲までをみていきます。

こういった感覚的な診察は数値化できませんので、一般論としては語りにくいところですが、人間の生命力を診るということは大切なことです。

言葉であれこれ並べることは簡単ですが実際に人を診立てるのは技術と経験の世界です。
当院では症例集を公開していますのでWEBサイトでご覧下さい。

治療者側の能力の問われるところですが、東洋医学の世界でも情報集めが大切だということは、皆さんにも知っておいていただきたいと思います。
そしてこのあなた自身を知ることが人生を歩んでいくよいヒントとなると思います。

笑顔左

目先の症状に振り回されないこと
これが『あなたの人生を応援するカラダ作り』のためのコツです。
しっかりと土台作りを意識した治療にしていきましょう。

『貴方の人生を応援する身体作り』を

「赤ちゃんが欲しい」と思っていらっしゃる方は、東洋医学の世界をみても、「不妊」という言葉から考え始めてしまいますね。
『不妊 鍼灸 漢方』などのキーワードで検索しても、不妊に効くツボとか、不妊によい漢方などの情報をみかけます。

説明右

でも、ちょっと待って下さい。それは一般論

まず、あなた自身のお身体を理解して、どの様な状況なのか判断した上で、あなたのカラダに必要なことという結論がでるのです。

説明左。

東洋医学の手法を使うときには、東洋医学的な考え方で貴方の身体の診たてることがまず一番必要なのです。

説明右

「赤ちゃんが欲しい」と考えていらっしゃる方のお体をみたてるときには、とくに目先の症状に振り回されない、大きな流れを掴んだ、「貴方の人生を応援する身体作り」をする治療方針が必要だと私は考えます。

東洋医学的診立て

東洋医学的な診立てについて簡単に解説します。

東洋医学的な診立てには、
1、望聞問切の四診を用いた東洋医学的情報集め
2、五藏に弁別し、臓腑経絡個々の問題を明確にするという情報の分析
3、分析された情報をもとに、病因病理を考える。
4、東洋医学的な診立てに基づき、治療方針や、生活指導などを決定。
5、鍼灸治療、漢方治療、養生、運動など幅広く実践していく

上記のプロセスが必要です。
そしてその上で主訴が妊娠であれば、1-3の情報に加え妊娠に対してのチェック項目を勘案します。

気持ちがついていかない

不妊治療は精神的にもハードだと思います。
それは、ゴールの見えないハードさです。

ある方が不妊治療の道のりで、「今まで私は努力は実ると思っていました。
努力すれば報われるモノだと。
それが不妊治療を進める中で、ひょとしたら努力は無駄になるのかも・・・って思い始めていました」

と語ってくれた方がいらっしゃいます。

これは正直な思いだと感じます。

不妊治療が全ての人に望む結果を与えないことは私も知っています。
だから、頑張る事でより落ち込む。頑張る事が恐いということもあるでしょう。

説明左。

気持ちがついていかないとき。
休んでみるかというのも、一つの選択肢です。

笑顔左

そして、この休むときも少しのコツがあります。
休む時を利用して、体調を整えておくのです。
妊娠にこだわらず、カラダ作りをしておくのです。

このカラダ作りは、あなたの人生を豊にしてくれるカラダ作りです。
子供がいても、いなくても、気持ちよく過ごせるカラダはあなたの宝物。
そういった「自分自身をかわいがる」気持ちをもてると少し風景がかわります。

犬と一緒に時間をすごす
草花を育てる
メダカを繁殖させてみる。
手芸をしてみる
インスタ映えのする料理を作る

時間を楽しむことは、きっとあなたの気持ちを穏やかにしてくれます。
気持ちがついていかないときは、付いていく必要もないし、やる気を振り絞る必要もないと思います。

この世に生を受けていることに感謝し、時間に寄り添うようにお二人で過ごしてみてはいかがでしょうか。

お子さんを望んでも授からないのは辛いと思います。
でも、お子さんを望むほど仲の良いパートナーがいることは幸せなことです。
経済的にも安定しているということでしょう。許されいることをもう一度みてみましょう。
あなたの豊かさにきっと気がつくと思います。