早く妊娠したいというご希望でした。
緊張するタイプで、潰瘍性大腸炎や頭痛に悩まされており、2年前の流産から体調がより悪化。
まず体調をアップさせることを優先し、そののち妊娠を考えたらどうかというご提案をさせていただき、結果として不妊治療そのものに進むことなく、鍼灸を継続し、半年ほど経過したところで自然妊娠につながりました。

3500㌘近いベビちゃんをご出産になりました。

患者相談

妊娠を希望しています。ただ、頭痛がひどく頭痛薬が手放せない状況です。
2年前に一度妊娠しましたが流産し、そのあとから体調がとても悪く頭痛もひどくなっています。
先日、卵管造影をしましたが、そのあとからもまた体調が悪化してしまい、恐くて不妊治療も進めることが出来ません。

どうしたらいいでしょうか?

非常に緊張するタイプでした。
緊張すると身体全体がこわばります。

東洋医学的には、「気の巡りが悪くなり」目や頭などに気血が凝り固まって疲労するタイプでした。
これが頭痛と深い関係になります。
卵管造影でも同じように緊張によって体調悪化とつながったのではないかと思われました。

【ビッグママ治療室の鍼灸療法】
2年前の流産によって落ちてしまった生命力(東洋医学で言うところの腎気)を補う。
体調を建て直し、気血の巡りをスムーズにし頭痛を減らしていく。

  • 体力回復の鍼灸を第一とした。
  • 頭痛改善の鍼灸
  • 妊娠が成立しないようならば不妊治療に改めて挑戦してはいかがかとアドバイス

初診から週に2回の頻度で鍼灸治療スタート
8診ほど経過して体調がよく、生理前の不調がない。
この一ヶ月痛み止めを飲んでいなかった。
38診初診から約半年にて妊娠、無事に出産。

当初は、治療後疲れが出てだるかったり、締め付けられるような頭痛がしたりと大変でした。
だんだん頭痛が減り、生理痛が減り、全体の体調がよくなり、手放せなかった薬から縁が切れてゆきました。

体調がよくなっての妊娠でしたので、ご本人にとっても、自信を持って日々をおくることが出来たと思います。

妊娠したいというご希望があると、どうしても、妊娠、妊娠と考えがちですが、急がば回れということも大切ですね。