私の治療院では、長らくの不妊治療で、訪れたワンチャンスを、ぐっと握りしめ、結果につなげた方が大勢いらっしゃります。
そういった方の具体的な情報を提示しながら、もう一歩前に進まない方に一つのチャンスを提示し、『もう一歩』から前に進みませんか。

その選択は勇気が必要です。
私は勇気の後押しをします。
結果を出す、そのためにしてきた努力を結果につなげたい。
私は切にねがっています。

もう一息という方にお渡ししているテキストタイトル

・患者さんが仰った『私が第一子に続き第二子も妊娠出来た理由』
 (30代半ばより複数回のIVFを挑戦、39歳、44歳IVFにて妊娠出産)

・患者さんが仰った『私が妊娠出来た理由』
 (30代半ばより採卵数20以上、転院、食事、甲状腺、頻回の鍼灸)

・着床障害、血流障害、胚移植時の年齢が39才以上の方における妊娠初期の鍼灸治療スケジュール。

・胚移植が10回以上の経験数がある方の、妊娠ー出産に至った周期の鍼灸治療スケジュール。

もう一息という患者さん

ある初診の方、長らくの不妊治療歴があり、『もう終わりにしようと思うのです』ということでご相談にいらっしゃりました。

確かに、体外受精でも20回以上。病院も3つ以上変えています。
カラダ作りをされたり、漢方を飲まれたりという経過を伺うと、『もう終わりにしようと思うのです』というお気持ちもとてもよくわかります。

そして、それでも、
『何か出来ることはあるのでしょうか?』
『私はどうしたらいいのでしょうか?』

というお言葉に、ご本人がなんとかしたいという気持ち。
そして、

『病院の先生も、もう一歩なんだけどね。もう少し頑張ったらと仰ります』

という状況から、やはり、病院の先生がお考えになっても、『もう一歩』で、妊娠ー出産につながる余地があるということなのだと思いました。

『不妊治療でもう一歩なのに結果がつながらない方』にとっては、『何かよいこと探し』や、『いい病院、いい治療を探す』ことは大前提です。
このポイントは当たり前でとても大切です。

そしてもう一歩、前に進まない方は、”チャンスを掴んで、しっかりと結果につなげる握力”が足りないと思います。

この握力はとても大切です。

せっかく良い病院、よいカラダ作りに出会っても、『ある程度の結果』で満足したり、出会うことだけで満足してご本人がしっかりと維持継続されないと、『チャンス』に出会うことは出来ても、そのチャンスをしっかりとにぎり、ぐっとにぎり続け、結果までつなげることができないのです。

私は、『今一歩で結果につながらない方』にはこのタイプが多いと思いました。

・あれこれしっかりと検索して知識は豊富。
・色々なことも試している。
・情報から得られたことで、治療の一つ一つを自分自身はどうだったかということを振り返らずにただ前に進んでしまう。
・自分で決めた『自分的にこれはNO』という所をブレイクスルーする勇気がない

これが、いまひとつ、今一歩を繰り返し、『結果につながらない』原因なのではないかと思う方が多いです。
惜しい、本当に惜しいです。

私は鍼灸治療院という立場上、『よい治療であれば選んでもらえるから宣伝や押し売りになることはしない』と決めていました。
また、個人の価値観に基づいているところにも触れるのはどうかと思っていました。

でも、このところ、『惜しい』と思う人があまりにも多い。
そこまでやっているのに、ご自身の弱点になっているところに気がつけていない。
チャンスに出会ってからの活かし方が下手な方が多いんです。

『詰めの甘さが結果につながらない理由です』と思うことが多いんです。
チャンスを掴んだところで、一般論をもってきたり、検索情報をもってきても無意味です。
あなたのチャンスをしっかりと掴んでにぎり続け結果にすることが大切なのです。

不妊を考えるときに問題整理が大事です

  1、ご夫婦のお体の問題(ご自身のカラダを知る)
  2、現在の状況の把握
  3、広く生殖医療の現状と、ご自身が取りうる治療方法の選択

この三つのうち、1のご自身のカラダを知ることが一番やりにくい問題です。
しかしながらここを知らないと、『不妊によい』といわれるものの足し算治療になるのです。

東洋医学的な四診には、治療者側の感覚で見ていく部分がたくさんあります。
脉をみる、経穴をみる、冷えや熱を小さな部分から、大きな範囲までをみていきます。

こういった感覚的な診察は数値化できませんので、一般論としては語りにくいところですが、人間の生命力を診るということは大切なことです。

言葉であれこれ並べることは簡単ですが実際に人を診立てるのは技術と経験の世界です。
当院では症例集を公開していますのでWEBサイトでご覧下さい。

治療者側の能力の問われるところですが、東洋医学の世界でも情報集めが大切だということは、皆さんにも知っておいていただきたいと思います。
そしてこのあなた自身を知ることが人生を歩んでいくよいヒントとなると思います。

目先の症状に振り回されないこと
これが『あなたの人生を応援するカラダ作り』のためのコツです。
しっかりと土台作りを意識した治療にしていきましょう。

『貴方の人生を応援する身体作り』を

「赤ちゃんが欲しい」と思っていらっしゃる方は、東洋医学の世界をみても、「不妊」という言葉から考え始めてしまいますね。
『不妊 鍼灸 漢方』などのキーワードで検索しても、不妊に効くツボとか、不妊によい漢方などの情報をみかけます。

でも、ちょっと待って下さい。それは一般論

まず、あなた自身のお身体を理解して、どの様な状況なのか判断した上で、あなたのカラダに必要なことという結論がでるのです。
東洋医学の手法を使うときには、東洋医学的な考え方で貴方の身体の診たてることがまず一番必要なのです。

「赤ちゃんが欲しい」と考えていらっしゃる方のお体をみたてるときには、とくに目先の症状に振り回されない、大きな流れを掴んだ、「貴方の人生を応援する身体作り」をする治療方針が必要だと私は考えます。

東洋医学的診立て

東洋医学的な診立てについて簡単に解説します。

東洋医学的な診立てには、
1、望聞問切の四診を用いた東洋医学的情報集め
2、五藏に弁別し、臓腑経絡個々の問題を明確にするという情報の分析
3、分析された情報をもとに、病因病理を考える。
4、東洋医学的な診立てに基づき、治療方針や、生活指導などを決定。
5、鍼灸治療、漢方治療、養生、運動など幅広く実践していく

上記のプロセスが必要です。
そしてその上で主訴が妊娠であれば、1-3の情報に加え妊娠に対してのチェック項目を勘案します。

気持ちがついていかない

不妊治療は精神的にもハードだと思います。
それは、ゴールの見えないハードさです。

ある方が不妊治療の道のりで、「今まで私は努力は実ると思っていました。
努力すれば報われるモノだと。
それが不妊治療を進める中で、ひょとしたら努力は無駄になるのかも・・・って思い始めていました」

と語ってくれた方がいらっしゃいます。

これは正直な思いだと感じます。

不妊治療が全ての人に望む結果を与えないことは私も知っています。
だから、頑張る事でより落ち込む。頑張る事が恐いということもあるでしょう。

気持ちがついていかないとき。
休んでみるかというのも、一つの選択肢です。

笑顔左

そして、この休むときも少しのコツがあります。
休む時を利用して、体調を整えておくのです。
妊娠にこだわらず、カラダ作りをしておくのです。

このカラダ作りは、あなたの人生を豊にしてくれるカラダ作りです。
子供がいても、いなくても、気持ちよく過ごせるカラダはあなたの宝物。
そういった「自分自身をかわいがる」気持ちをもてると少し風景がかわります。

犬と一緒に時間をすごす
草花を育てる
メダカを繁殖させてみる。
手芸をしてみる
インスタ映えのする料理を作る

時間を楽しむことは、きっとあなたの気持ちを穏やかにしてくれます。
気持ちがついていかないときは、付いていく必要もないし、やる気を振り絞る必要もないと思います。

この世に生を受けていることに感謝し、時間に寄り添うようにお二人で過ごしてみてはいかがでしょうか。

お子さんを望んでも授からないのは辛いと思います。
でも、お子さんを望むほど仲の良いパートナーがいることは幸せなことです。
経済的にも安定しているということでしょう。許されいることをもう一度みてみましょう。
あなたの豊かさにきっと気がつくと思います。