患者相談

34歳から漢方クリニックや専門クリニックに通い人工授精やタイミングをみてもらって不妊治療をしています。
36才になりました。

もともと強かった肩こりが最近もっと強くなり、最近は月に1,2回は偏頭痛にもなっています。
病院での検査では特に不妊につながる原因はないと男女ともにいわれています。
どうしたらいいでしょうか?

私の診立てと不妊治療方針

右にいて説明

36才 2年以上の不妊治療歴。
とりたてての不妊原因はない。
長めの生理周期、強い肩こり、偏頭痛と気血の巡りが悪く、とくに古血(瘀血)をためやすい状況となっているため不妊や色々な症状の出現となっていると思われる。

ご本人の希望が自然妊娠をということなので、土台の力(腎気)の力をつけ、気血の巡りを改善し積極的に妊娠を目指す。
ただし、年齢要因も気になるので、ある程度の期間(37.5歳)を目安にステップアップも視野に入れておきましょう。

経過

説明左。

36歳 ビッグママ治療室初診
37歳 KLC新宿加藤レディースクリニックにて体外受精を挑戦。
 ポリープ切除、凍結胚盤砲移植などをするも妊娠にいたらず。
38歳 思わぬ自然妊娠出産
その後鍼灸治療継続 西洋医学的な不妊治療は中止
42歳 自然妊娠 出産

笑顔左

38歳、42歳、鍼灸治療にて自然妊娠、無事の出産

体外受精も日本一と言われる不妊専門クリニックで行いましたが、思わぬ自然妊娠の成立で無事のご出産。
その後は、「不妊治療はやめて自然に任せる」ということで、鍼灸治療を不妊治療に焦点をあてるのではなく
体調の維持管理を目的で継続。

42歳での思わぬ自然妊娠となり無事に二人のお子さんに恵まれました。

高度生殖医療は力強いサポートとなる治療です。
ですので年齢要因が気になるところで挑戦しておくのはよいとおもいますが、妊娠は不思議。
そういった手をするりとぬけたところにあったりもしますね。