体外受精ー胚移植は、非常に値段の高い治療です。
ご自身の身体の弱りなどが問題であると、採卵をしたものの空砲であったり、よい受精卵にならなかったりしてしまいます。
不妊治療はまずはご自身のカラダの体調を整えることが大切です。
この方は40才にて無事に出産 凍結胚盤砲を一個二人目用に残しました。

少し回り道になりましたが、しっかりと体調をあげ、無事にお子さんを出産となりました。
残った凍結胚盤砲、大事にして二人目のお子さんに恵まれますようにと思います。

患者相談

もう4回も体外受精(ICSI)をしていますが、移植でいたのは1回だけでそれも化学流産に終わり、あとの3回の採卵では移植出来る卵は出来ませんでした。
年齢的にギリギリとあせっています。
足の冷えもつよく、血の巡りが悪いのかなという感じがします。
足下は冷えるのに顔はのぼせます。

膀胱炎によくなります。毎年冬には貨幣状湿疹がでます。
花粉症もだんだん強くなっています。
35才から始まった前頭部の頭痛はどーっと波打つような感じです。
どうしたらいいでしょうか?

  • 38才 体外受精をするものの、男性理由で毎回顕微授精(ICSI)となる
  • 採卵を4回おこなったが移植出来たのは1度だけ。空砲が多い。
  • 膀胱炎、冷え、のぼせなど気になる。
  • 生理の量が減った。

【ビッグママ治療室の不妊治療方針】

採卵しても移植まで進まないのは辛いですね。
お身体を拝見すると冷えの入り込みがあるようです(東洋医学では風邪の内陥と表現します。)

この冷えによってカラダに負担となり、今一歩不妊治療が進まなくなっているとみました。
また、膀胱炎などが多い、空砲が多いということは、体力[生命の土台の力(腎気)]が不足しています。
身体を温め、養い、子宮を温する鍼灸治療へ方針が決まりました。

【37才 妊娠希望】

  • 顕微授精(ICSI)を始める
  • 1回目 1つ成熟、1つ未熟、2つ空砲、移植、化学流産
  • このあと生理の量が減る

  • 2回目 2つとも空砲
  • 3回目 排卵済み
  • 4回目 3つとも空砲

【38才 ビッグママ治療室初診】

  • 2ヶ月後 5回目採卵ー1個採卵、凍結出来ず
  • 3ヶ月後 6回目採卵ー1個採卵 凍結出来ず
  • このあと生理の量が減る

  • 27ヶ月後 7回目採卵ー2つ成熟卵、5つ空砲、1つ胚盤胞凍結
  • 10ヶ月後 8回目採卵ー2つ成熟卵ー1つ胚盤胞凍結
  • 1年後 9回目採卵ー3つ成熟卵ー桑実胚で停止
  • 14ヶ月後 移植周期ーPが上がらず移植できず
  • 15ヶ月後 移植周期ーPが上がらずホルモンを補充、でも納得できず移植見送り

16ヶ月後 移植周期ー移植ー妊娠

  • 妊娠5w Pが下がり注射
  • 妊娠6w 心拍確認 
  • 妊娠20w 上腹部が非常に張る
  • (子宮じゃなくてお腹が張っている。背中のお灸をしっかりするように指導ー解決)

  • 妊娠30w 逆子ー34wなおる
  • 妊娠37w 2800㌘ぐらいはあると言われる

妊娠妊娠39wにて無事に安産 3400㌘オーバーのベビちゃんを出産。
40才にて無事に出産 凍結胚盤砲を一個二人目用に残す。