高プロラクチン血症は、不妊治療でもよく話題になります。
無排卵の場合は治療対象となりますが、排卵がちゃんと起きている場合には治療をしないケースも多く見ますね。
見解が分かれるような感じです。不育症的には証明されていないので却下と。

LH分泌過剰は、多膿疱性卵巣症候群(PCOS)でよくみられます。
しかしながら、PCOSの有無に限らず、反復流産の原因として報告されていると。
いま論文として肯定するもの否定するものがあり、今後の検討が必要とのこと。
現時点での明確な結論はなしということでしょうかねえ。