体調が悪いときは、カラダの体調を整えるべきです。
それはカラダのサインです。
鍼灸と食事で体調を整え自然妊娠、出産につながりました。
産後も体調を整え、スムーズに二人目も出産。
患者相談

身体の不調も、妊娠がしないことも、みんな疲労が原因だとは思うのですが、どうしたらいいのかわかりません。
不妊について:タイミングをうけ、人工授精5回しても妊娠しません。
結婚して5年、もうすぐ31歳になります。体外受精をした方がよいでしょうか?

高温期の11日目頃に、妊娠検査薬において弱陽正反応がでます。
でも、1~2日で陰性になって生理がきます。
反応がでたときには、吐き気や不眠もしくは早朝に目が覚める、ということが起きています。
これは妊娠したということでしょうか。

身体は背骨がつらく、左側がよく懲ります。
イライラしたときや忙しいと特に辛いです。

普段からコロコロ首を回さないと辛く、身体が疲れてくると呼吸もしづらくなる。
疲労が極限だと感じる事が多い。
妊娠しているのかどうか分からない状態が続き、陽性反応がでるものの生理がきてしまっている。

【ビッグママ治療室の鍼灸】

私の診立ては、次のとおりです。

  • カラダの力をつけること(東洋医学でいう腎気)
  • 気の巡りをよくすること(東洋医学でいう肝気)
  • 気血の巡りが良くなる前提として休養が必要です

 
寝る、食べる、休む、当たり前の前提があって妊娠が成立します。
年齢がお若いのですから、あせらずに、しっかりとやっていくことにしましょうね。

妊娠検査薬で陽性が出る状況ならば、体外受精にステップアップするという不妊治療の進め方ではなく、しっかりと着床した受精卵を育んでいくという進め方が必要です。
鍼灸で着床時期からしっかりと子宮に血流をあつめ、妊娠初期を乗り切りることを目標にしました。

3ヶ月後、少し高温期が安定してきた。
6ヶ月後、病院にて多膿疱性卵巣症候群と診断された
1年後、クロミッドなどを服用してもあまり反応せず、排卵の状態が悪い
1年半後、D41にて排卵が確認されタイミング、前後に頻回に鍼灸治療をおこなう。
妊娠、無事に出産。

D41の鍼灸治療

百会7 右足三里、左臨泣、三陰交、中関元、左胃兪、左三焦兪、腎兪、次髎。
申脈に温灸