30歳までの不妊治療と年齢による考え方

基本的な男女の検査を受け、大きな問題がない場合は、比較的時間の余裕があると考えられます。
1年間程度を目安に基礎体温表をつけてタイミングをあわせていくことをしてみましょう。
また、20代の方は、生理周期に伴う不調を中心にカラダ作りをおこなってもよいかと思います。
体調が整うことで、自然妊娠するケースが多くあります。

1年は長いなと思われる方もいるでしょうが、この時期、生理を整え、身体を養っておくことは、妊娠、出産、子育てにもつながります。

笑顔左

赤ちゃんは、お母さんの生命力によって養われるのです。

30代前半の不妊治療と年齢による考え方

30代前半でしたら、半年程度を目安として身体を整えること(作戦3)を中心でおこないます。
焦る気持ちもあると思いますが、案外自然妊娠するのもこの年代。
器質的な問題をあきらかにし、タイミングなどをしっかりと取ってみましょう。

また、この半年で、もしステップアップする場合の病院選びもしておきましょう。
もし、この年齢であっても、いままでの不妊歴が長い場合は、少し治療を急いだ方が良い場合もあります。
「自然に」ということを拘わり過ぎてももったいないです。
1度挑戦し、改めて作戦を立て直すのもよいかと思います。

30代後半から40代の不妊治療と年齢による考え方

40代でもどんどん妊娠出産する芸能人などの報道もあり、30代後半は「まだまだ若い」と言う感じもします。
妊娠も現実感が強い年代です。

とはいえ、高度生殖医療が行われる前までは「35歳は不妊治療終了」とされる年代でもありました。
少し医療介入を急いだ方がいい年齢です。

説明左。

積極的に「攻めと底上げの二重作戦」を取ることをお勧めします。

もし二人目のお子さんをお考えならば、体外受精などの治療のときに、「凍結胚」を残しておくこともよいでしょう。
そして、特に、病院選びは大切です。
ご自身にあわない無駄な治療、無駄な投薬で、時間を過ごしてしまわないように、しっかりと見通しをもって作戦を立てることが、大事です。

時間をムダにしない。大事な卵を無駄にしない。過剰な刺激で、からだに負担をかけない。
こういった発想をしてくれる病院を選ぶことが重要です。
また、病院を選んだら、しっかりと信頼することも大事です。

信頼して取り組む。
そして、自分には合わないと思ったら、合わない理由を明確にして転院することもポイントとなります。

「合わない」理由は病院のせいだけではなく、ご自身のお身体である場合も多くあります。
身体の管理、ケアも大切です。

説明右

東洋医学的な手法も積極的に取り入れ、「攻め」と「底上げ」の二重作戦が得に必要な年代です。