子宮内膜症や子宮筋腫の状態がとても悪い状態でも妊娠したことがあります。
それは特徴がありました。
1)年齢が若い(38才)
2)少ないながらも採卵できた卵が胚盤胞になり、着床したこともある
3)粘り強くやり続ける根性がある

40歳にて無事に出産されました。

患者相談

子宮内膜症や子宮筋腫の状態がとても悪く、30代の前半で何度も生理を止めて対応しています。
そのためか、日本で一番と言われている新宿加藤レディースクリニックにて何度も採卵をおこなっていますが、「今の状況では無理、卵子提供を考えた方がよいでしょう」と言われています。

もう25回ぐらい採卵をしました。
移植に至ることが出来たのは4回。
でも妊娠しませんでした。ウオーキングを始めましたが腰痛になってしまいました。
朝起きる時が苦手です。

どうしたらいいでしょうか?
やはり卵子提供しかないのでしょうか?

彼女は、妊娠判定から、不妊クリニック卒業までは一度も順調と言われたことのない状況でした。
状況的に採卵は楽観視できず、いつ最後の採卵になってもおかしくない状況でした。
卵巣の状況は悪いと言われながらも、数は少ないながらも採卵できました。
そして受精卵は胚盤胞で凍結出来ています。

ですのでこの時点で1年の時間をかけました。

このことによって、子宮内膜症や筋腫などがあるうえ、ご本人の肉体的、精神的な弱さもある程度カバーすることとなり、準備をしての移植に臨めたと思われます。

ご自身がここまで採卵したら納得できるというところまで採卵だけ、おこなっていきましょうということになりました。
しっかりと棒灸をいれ、妊娠初期を乗り切りました。

移植に関してですが、過去には何度か着床まですすんでいます。
今の状況では同じことが起こると思います。
採卵に向けてのカラダ作りをしながらも、しっかりと子宮の力を上げていく方向で治療を進めました。

【ビッグママ治療室の鍼灸】

  • 体力の回復/生命の土台の力(腎気)をつける
  • オケツと呼ばれる血の道の滞りを改善する
  • 子宮に血液循環(オケツそのものを狙うよりも、腰骨盤の力をアップさせて、排出力をつける)がよくなるように温灸と食事
  • ストレスに強くなるように調整

出産後メールをいただきました。
不妊治療はゴールでなく、その先の新しい生活の扉をあけるためだったんだなとしみじみ思いました。
「 これから先も大変なことがいっぱいあると思いますが、ひとつづつ解決しながら、ゆっくりとお母さんになっていこうと思います。(肝っ玉は小さいですが)」