患者相談

子宮内膜症がとても辛いです。
切除術やアルコール固定、剥離手術も受けていますがあまりよくなりません。
薬の影響で体重も増えました。
身体が痛いです。
右の骨盤骨折をしてから、左の太ももが痛くなり右の座骨神経痛も出ます。
第一子の妊娠中に痛みが強く入院しました。

産後1ヶ月たったころから、痛みが再発し、麻酔科などの注射で対応してもらっていますが、痛みは強く辛いです。
だるさや、疲れやすさ、肩こりも辛く子育てが辛いです。
子宮内膜症があるので次子も早めにと思っていますが、どうしたらいいでしょうか?

状況
右にいて説明

重度の子宮内膜症による骨盤内臓器を中心とする気血の循環が悪く痛みの出ている状態
(東洋医学的な用語で言うところの瘀血[おけつ])でした。
生命力そのものが低下した状態なので、気血のよどみが大きく、症状が強くなっていると診ましました。

私の治療方針と方針

生命力の土台の力(腎気)の力の弱りを建て直し、オケツ(古血がたまった状態)を取り除くことで血の道を暖め養い活性化させることにしました。

経過

子宮内膜症のためか、手術のためか下腹部の固まったような動きの悪い部位にしっかりと温灸指圧を入れることによって、下腹の血流改善を測りました。
それにより本格的な生理が始まり、痛みが強くなるものの、鍼灸治療を開始し、薬物無しに痛みがコントロール出来るようになりました。

私の治療院では、温灸指圧法、大椎督脉三角温灸法などを用います。
痛みの部位と思われる骨盤内臓器を中心に温灸やお灸を深めにおこない、またその痛みをコントロール出来る可能性がつよい経穴を配置し、下腹の血流をよくしていきました。

頭部、頸部、頸椎、胸椎、腰椎、骨盤、仙骨と一つの流れをしっかりとした温灸を使うことで疏通させ血液の流れを活性化させ、東洋医学でいうところの活血をおこないました。

結果
説明右

動きの悪い手術痕や、子宮内膜症による血流の滞りを積極的に温灸指圧法で活性化し血流を改善させることにより骨盤部と下肢内転筋群の付着部で骨盤内の反応と連動している部位も用いたことによって全般に症状が軽減。

とくに指示した部位に自宅での施灸をし、パイオネックスを並用することで持続的に痛みのコントロールがされました。

笑顔左


1年2ヶ月後無事に無事に第二子を妊娠、出産。

説明左。

生理とともに悪化する子宮内膜症は妊娠を希望する方にとっては手強い疾患です。
痛みの軽減に生理を止めると言うことは排卵を止めてしまうので妊娠が出来ません。
また、子宮内膜症によって卵巣嚢腫などの問題を引き起こせば妊孕力の低下となります。
チョコレート嚢胞などで手術をすればダイレクトに卵巣の問題が大きくなります。

説明右

妊娠の希望があれば薬物の投与はあまり進められません。
鍼灸や温灸療法でのコントロールで、なんとか妊娠ー出産にこぎつける症例は多いです。

笑顔左

エストレゲンの依存性疾患ですので、抜本的な解決は妊娠希望の方にとってはなかなか
難しいのですが、暖め生命の賦活化をおこなうことを取り入れていきましょう。

妊娠中、産後も続く子宮内膜症の痛み。弁証論治
http://www.1gen.jp/1GEN/BENSYO/2503-A1.HTM