ドクダミの花は白いと思っている人が多いようです。
私もそう思ってました。
花弁のように見えるのは実は「がく」で、その中央にぼそぼそと穂状に付いている黄色いのが花なのでした。

この花は6月ごろに開花期を過ぎると花先のほうが枯れていきます。
今年は、もう枯れてきています。

一般にドクダミの採取は土用の日におこなうといわれていますが、それでは遅く花の咲いてる間に採るのがよいのです。

蓄膿症や鼻炎には生の葉を取ってそのまま丸めて鼻の穴につめたり、生の葉を絞った汁を鼻の穴に落としたりします。
ドクダミの汁には、膿や痰を溶かすチカラがあり鼻汁を出やすくします。