患者相談

『若い頃から、義母との関係や、仕事、家族のことでストレスが多く、体調が良く変化します。
ストレスで体調が悪くなります。
1年ほど前に大きなイベントがあり、ストレスに加え肉体的にもかなり疲労したことがきっかけで右足の痛みが出ました。
その9ヶ月後の夏、ストレスで体重が3キロも落ちてしまうことがありました。
その上、足に良いから戸進められたプールや体操を頑張りすぎたのか、より下肢痛が悪くなり、長く歩けなくなってしまい、痛みも非常に辛くなって夜も眠れないことがあり、困っています。

右にいて説明

整形外科で腰椎ヘルニアと診断され、ヘルニア手術の既往がある。
耐え難い痛み。長く歩けない、夜間も辛い状況です。
ストレスや無理を重ねることで下肢痛を含む体調が悪化している。

私の診立てと治療方針

体重が落ちるほどの夏ばてや、プールや体操で負担をかけすぎたために、弱った経絡をより傷めてしまったのではないかと思います。
傷めた経絡を暖め養うこと。
胃腸の状態を整えることに目標を設定しました。

・傷めた下肢の経絡経筋を、暖め養い、痛みを取り去る。
・ストレスに犯されがちな胃腸をしっかりさせ、全身状態を安定させる。

治療経過

初診 

1)百会、右合谷(鍼、灸)右列缺(鍼、灸) 足三里ー右三陰交 
2)脾兪、三焦兪、大腸兪、右環跳に灸頭鍼、右下委陽ー築賓

2診

初診後調子がよく、長く歩けた 施術同じ

2診の段階でご本人も私も驚くぐらい劇的に好転。
6診後、雪かきをしても平気だった。

その後、体調の維持管理の目的で定期的に通院

笑顔左

長らく続く強い下肢痛でしたが、2回の治療で、私も驚くぐらい劇的によくなりました。


ただ、やはり脾虚(胃腸の弱さ)が深く、ストレスで継続的に素体に負担もかかっていますので、下肢だけの 問題ではなく、ご自身の生命力を高める目的で治療を継続しています。

http://www.1gen.jp/1GEN/BENSYO/2004-A1.HTM