人間は、食べ物を食べ、ご自身の身体を温め養う力に変えて生きていきます。
この症例の方はご自身のキャパシティよりも越えたお仕事のため、土台の力(腎気)となる力さえも不足気味になっていました。

少し気持ちを切り替えて、ご自身を大切にしていただくこと。

説明右

具体的には食べ物への注意と、休養、そして身体の力が出やすくなる鍼灸治療を組み合わせることでスピーディーな自然妊娠へとむかいました。


妊娠したことで仕事もセーブでき良い状態で出産を迎えられたと思います。

相談

患者相談

昔から冷え性でとても辛いです。
寒い時期には生理もこなくなってしまうほどです。
最近は仕事が忙しく疲れがひどくなってしまい、体重も減り、身体もだるく、目もつかれます。
妊娠を希望していますが、なかなか授かりません。
どうしたらいいでしょうか?

状況

右にいて説明

もともとの体力不足の上の過労がありますね。
身体のを暖め養う力の不足によって、体重減少や生理の不順、無月経になっています。
仕事の状況を考え、ご自身の体力との兼ね合いを模索していきましょう。

私の不妊治療の診立てと方針

身体を温め養う。
生命力不足(腎気不足)を補う。
食事指導をおこなう。

経過

初診から二ヶ月で自然妊娠成立。

結果

笑顔左

無事に3000㌘オーバーのお子さんを出産
その後無事に第二子もご出産になりました。おめでとうございます。

小さい器の不妊、妊娠、出産 やせ中背 31歳 ’10/09/27
http://www.1gen.jp/1GEN/BENSYO/2304-C1.HTM