当院のご案内

『私自身が受けたい治療院をつくりたい』という思いから始まったビッグママ治療室。

高度生殖医療(体外受精など)は、カラダとココロに効果的な東洋医学(鍼灸・漢方)がオススメです。

私の「不妊」との出会いは、今から30年ほど前です。
友人が、大学病院で不妊治療を8年間頑張りました。
35歳になり「不妊治療終了宣言」をだされました。

その後、友人は自然妊娠をし2人の子どもを儲けました。
妊娠の不思議さを感じ、友人のような方々に鍼灸でお手伝いが出来ればと願って始めました。

いまからもう30年前。
25歳の妊婦だった私のママ友は35才、『30才までに産み終えて』と言う時代の中ではちょっぴりお姉さんでした。
彼女は、27才の結婚当初からずっと赤ちゃんが欲しくて頑張って大学病院で不妊治療を続けていたとのこと。

ある日、担当医から、

『35才、不妊治療はおしまいにしましょう。もう病院に来なくて結構です』
と、不妊治療宣言を受けてしまったとのこと。

『悲しくて悲しくて、コタツで泣きにないていたの。そしたら、なぜだかポコッと授かって・・・』
大きなおなかをさすりながら話す彼女は、とても安定して幸せそうでした。

もう今から30年も前のことです。体外受精などのない時代には”35才不妊治療終了宣言”が当たり前でした。

そして私は7月に、彼女は8月に出産し、翌年、二人とも2番目の子供を出産しました。
35才の終了宣言してからの自然妊娠、出産です。

彼女が大学病院で長らくタイミング、人工授精、排卵誘発などで取り組んでいた不妊は結局大きな器質的な問題はないストレス性のものだったのでしょう。

そして、子育てを楽しんでいるうちに二人目も。

ストレス不妊だった彼女に、こうのとりの神様が微笑んでくれたわけです。

妊娠は不思議とよくいわれます。
そして、原因不明とされる状態でもヒントが隠されていることがあります。

『赤ちゃんが欲しい』というシンプルで切実な願い

『女性の身体』には、月経を中心に婦人科疾患、妊娠、出産、更年期、閉経とダイナミックな気血の傾きを伴った流れがあります。
この流れをスムーズに受け止め、しっかりと生きていくためのお手伝いを続けてきました。

『赤ちゃんが欲しい』というシンプルで切実な願い。
少しでもお力になれるようにと日々取り組んでおります。
日々のストレスからのめまい、気分の不安定さ、体調不良、更年期。

症状から考えるだけでは解決がみえてこない課題もあります。

『何をするか?』の前に、今の状態を理解し、『何が私に必要なのか?』を一緒に考えていきましょう。
きっと、いまよりも気持ちよい人生の扉を開くことができると思います。

ビッグママ治療室の治療

人生の物語を理解し、文脈を変える
一番大切な、まず『自分自身を理解』し、『必要なこと』は何なのかを考え選ぶことだと私は思います。

東洋医学での診察法で情報をあつめ、統合し、方針を立てていきます。
『しっかりとした体表観察』、そして気がつかないが過去からつながっている『治らない、困った状況』を東洋医学的にその方の人生の物語として理解することで、これからの理想的なあなたの未来を考えていきます。

ご自身を理解することで、「いままでの人生の物語」を理解し、状況を変えることが新しい未来にむかうことであり、治ることにつながると私は思います。

東洋医学、一元流鍼灸術に基づく人間理解、『東洋医学で人を診る』は、私の人生を変えてくれました。
あなたの人生の歩みにもきっとよい案内図になると思います。


鍼(ハリ)は毎回ディスポーザブル(使い捨て)を利用しております。
一人一人のあなたに合った治療を提供しております。
初めての人でも安心して受診できる、明るくて清潔な環境を意識しております。